株式会社アクア セラピューティクス

代表挨拶

我が国は核酸化学に関し優れた基礎的研究の実績を多く有しています。しかし残念ながら、核酸医薬の実用化に向けた研究開発は欧米に大きく後れを取っていると言わざるを得ません。

革新的医薬品の開発を進める主な担い手は、欧米においてはベンチャー企業であるように、我が国においても、ベンチャー企業のチャレンジが大いに期待されています。

失敗を恐れずリスクを受け入れ、革新的医薬品の創出を目指し果敢に難題に挑戦していくことは、バイオベンチャーに求められる存在価値であり、矜持でもあります。

われわれ株式会社アクアセラピューティクスは、新しい核酸創薬技術を用い、画期的な新薬を研究・開発することで、難病克服への課題にチャレンジしていきます。